So-net無料ブログ作成
検索選択
録画・再生 ブログトップ
- | 次の10件

OpenELEC+IONマザーボードの試用 −その1 [録画・再生]

手元に今は使用していないIONマザー(POV-ION-MB330-1)があったのでOpenELEC(Open Embedded Linux Entertainment Center)を導入してみた。OpenELECは言うなればXBMC専用ディストリビューション、それ故導入が短時間で動作も少し軽いというメリットがあるようだ。早速導入だが正式リリース版OpenELEC 1.0.2(XBMC-Dharma Ver.10.)ではなく「Official Daily Builds」(XBMC-Eden Ver.11.)の方にした。手順は上記Web「Installing OpenELEC Part 1 (Linux)」「Installing OpenELEC Part 2」を参考にした。導入に必要なメディア(USBメモリ、SD..)はインストール用(使用量:約100MB程度)、ターゲット用(使用量:約240MB程度)として2個になる。因みにインストール用メディア作成は、Ubuntu11.10(oneiric)環境で行った。
Part 1「インストール用メディア作成」
$ wget http://sources.openelec.tv/tmp/image/openelec-eden/OpenELEC-ION.x86_64-devel-20120104221957-r9429.tar.bz2
$ tar xvfj OpenELEC-ION.x86_64-devel-20120104221957-r9429.tar.bz2
$ cd OpenELEC-ION.x86_64-devel-20120104221957-r9429
$ sudo fdisk -l # デバイス名の確認
・・・・・・・・・・・・
ディスク /dev/sdx: 988 MB, 988282880 バイト
・・・・・・・・・・・・
デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdxx * 2048 1929215 963584 c W95 FAT32 (LBA)
$ sudo sh ./create_installstick /dev/sdx
・・・・・・・・・・・・
. ...installation finished
念の為「fdisk -l」で容量からデバイス名を確認している(ここでは1GBのMicroSDが988MBで表示)。後はこのインストール用メディアから直接ターゲットマシン(POV--ION-MB330-1)を起動し以下の手順を実施、
Part 2「OpenELECインストール」
0. ターゲット用メディアをセット
1.「オープニング(BETA WARNING)」画面→「リターンキー(OK)」
2.「MAIN MENU」画面 → 「1.Quick Install OpenELEC.tv」選択
3.「QUICK MENU」画面 → 「/dev/sdx USB_・・・・」選択
4.「INSTALLING」画面 → 100%書込完了
5. 「Reboot」選択で再起動(インストール用メデアを抜く)
これでXBMCのオープニングメニューが表示されれば成功です。デフォルトでビデオ再生支援(VDPAU)、リモコン等が有効化されており導入が非常に容易、動作も少し軽いような..。残るは日本語化等のカスタマイズ..
タグ:ION xbmc OpenELEC
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Sandy bridge Ubuntu 11.10(Oneiric)+VAAPI環境 [録画・再生]

Ubuntu 11.10(Oneiric)が13日リリースされたので、早速、Sandy Bridgeな環境にクリーンインストールし、まずはHWアクセラレータ機能(VAAPI)の環境とVAAPI対応のmplayer(DTV関連ツール)を導入してみた。必要なPKG類(libva..)はデフォルトのリポジトリーからでもインストール可能だがNatty同様に正常に動作しなかった。それでNattyでは「tarパッケージ」をコンパイル導入したが、今回は以下のリポジトリーから導入した。
$ sudo add-apt-repository ppa:jools/sandybridge
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libva1 i965-va-driver
$ vainfo
libva: libva version 0.32.0
libva: va_getDriverName() returns 0
libva: Trying to open /usr/lib/dri/i965_drv_video.so
libva: va_openDriver() returns 0
vainfo: VA API version: 0.32
vainfo: Driver version: i965 Driver 0.1
vainfo: Supported profile and entrypoints
     VAProfileMPEG2Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileMPEG2Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Main : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264High : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264High : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileVC1Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Advanced : VAEntrypointVLD
VAAPIを有効にした「XBMC」(導入は前記事参照)で正常動作を確認した。次にVAAPI対応のMplayer(DTV関連ツール)であるが、導入自体は以前の記事のとおりであるが、VAAPI、MULTI2復号化対応を有効化するため事前に以下を実施しておいた。
$ sudo apt-get install build-essential
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ sudo apt-get install libpcsclite-dev
$ tar xvfj c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ cd pt1-c44e16dbb0e2/arib25/
$ make && make install
$ sudo apt-get install libva-dev
あとDTV関連ツールの最新追加パッチも当てるでのあれば以下を実施しておけば良い。
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0719.zip
$ unzip up0719.zip
$ cd mplayer-r32954p/
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0011-detect-channel-config-change-on-a-stereo-dmono-switc.patch
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0012-fix-the-problem-of-not-allocated-channel-element-in-.patch
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0013-decrease-verbosity-of-an-error-message.patch

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

XBMC 11.0 (Unstable版)のrepositoryの変更 [録画・再生]

Ubuntu 11.04(natty)に上げたのを機にXBMC 11.0(Unstable版)を使用してきたが、最近、自分の環境ではクラッシュする場合が多くなってきた。勿論、Unstable版なのでその辺は承知のことだが、クラッシュの頻度が多くなると録り貯めたTSファイルの視聴に多少なりとも支障が..。いろいろと探しまわり、現在は以下のrepositoryのものに変更している。
$ sudo apt-get remove xbmc xbmc-bin
$ sudo rm /etc/apt/sources.list.d/team-xbmc-unstable-natty.list
$ sudo apt-get update
$ sudo add-apt-repository ppa:mario-sitz/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xbmc xbmc-bin
これで暫く運用しているが、自分の環境ではこちらの方が安定しているようだ。デフォルトで「VAAPI」も有効になっているので、SandyBridgeな環境でも再コンパイルなしでHWアクセラレーション機能が使用可能である。
タグ:xbmc vaapi
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Mplayer(DTV関連ツール)をVAAPI対応にする [録画・再生]

前回記事でVAAPI環境を構築したので同対応の「mplayer」をインストールすることに。それにはここの「mplayer-vaapi」コンパイル・インストールするれば簡単なのだが、自身は「DTV関連ツール」で公開されているものを以前から有り難く使わせて貰っている。TS再生ための有用な幾つものパッチ(MULTI2復号化、AAC音声チャネル切替、ストリーム構成変更等への対応)が含まれており、自身にとって録画再生・リアル視聴時の必須アプリケーションとなっている。と言うことで「mplayer(DTV関連ツール)」をVAAPI対応にして使ってみることに。VAAPI対応パッチは前述「mplayer-vaapi」に同梱されているものを使用した。(2012.03.20追記:こことは逆にvaapi-mplayerへup0719、up0799の差分パッチを適用したものをこちらのサイトに置いておきます。こちらの方が容易なので、興味のある方は自己責任で。)
・VAAPI対応パッチの取得
$ wget http://www.splitted-desktop.com/static/libva/mplayer-vaapi/mplayer-vaapi-latest-FULL.tar.bz2
$ tar xvfj mplayer-vaapi-latest-FULL.tar.bz2
$ ls mplayer-vaapi-20110127/
・・・・ checkout-patch-build.sh mplayer-vaapi patches
$ mv mplayer-vaapi-20110127/patches ./vaapi-patches
$ ls vaapi-patches/
  mplayer-vaapi-0.29.patch    mplayer-vaapi.patch
  mplayer-vaapi-gma500-workaround.patch  mplayer-vdpau.patch
パッチは「patches」配下に展開された4ファイルになるが、一様全て適用することに。
・VAAPIパッチの適用
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0587.zip
$ unzip up0587.zip
$ cd mplayer-r32954p/
$ cat ../vaapi-patches/mplayer-vaapi.patch | patch -p1
$ cat ../vaapi-patches/mplayer-vaapi-gma500-workaround.patch | patch -p1
$ cat ../vaapi-patches/mplayer-vaapi-0.29.patch | patch -p1
$ cat ../vaapi-patches/mplayer-vdpau.patch | patch -p1
$ find . -name "*.rej" -print
./ffmpeg/libavcodec/mpeg12.c.rej
./ffmpeg/libavcodec/vc1dec.c.rej
./ffmpeg/libavcodec/mpeg4videodec.c.rej
./ffmpeg/libavcodec/h264.c.rej
./etc/codecs.conf.rej
リジェクトされた5ファイルには手でパッチを当てたが修正内容は単純。
・最新化パッチとコンパイル、及びインストール
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0624.zip
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0658.zip
$ unzip up0624.zip
$ unzip up0658.zip
$ sudo apt-get install yasm
$ sudo apt-get build-dep mplayer
$ cat ../mplayer-patches-0.95/0008-supports-PMT-contents-change.patch | patch -p1
$ cat ../mplayer-patches-0.95/0009-supports-video-frame-size-change.patch | patch -p1
$ cat ../mplayer-patches-0.95to0.96/0010-removed-unnecessary-card-resets.patch | patch -p1
$ ./configure --disable-dvdread-internal --disable-libdvdcss-internal --enable-vaapi --disable-vdpau
$ make -j4
$ sudo make install
早速PT2(DVB)で動作確認するためTerminalから、
$ tunu 1 1&
$ mplayer -vo vaapi -va vaapi -framedrop -cache 8192 -tsprog 1024 -fs /dev/dvb/adapter1/dvr0
で正常動作を確認した。因みにこの時のTerminal出力は以下のとおり、
・・・・・・・
VO: [vaapi] 1440x1080 => 1920x1080 MPEG-2 VA-API Acceleration [fs]
[VD_FFMPEG] XVMC-accelerated MPEG-2.
A:60955.5 V:60955.5 A-V: -0.001 ct: -0.241 35971/35971 1% 2% 0.4% 0 0 42%
PMT info changed. re-selecting streams
A:61615.5 V:61615.5 A-V: -0.001 ct: -0.241 55751/55751 1% 2% 0.4% 0 0 39%
PMT info changed. re-selecting streams
A:61855.5 V:61855.5 A-V: 0.000 ct: -0.241 62943/62943 1% 2% 0.4% 0 0 50%
PMT info changed. re-selecting streams
A:61856.1 V:61856.1 A-V: 0.001 ct: -0.241 62962/62962 1% 2% 0.4% 0 0 45%
[aac @ 0xd44900]Detected channel config change to [2]ch. hinfo-br:144000
・・・・・・・・・・・・
追加した「VA-API Acceleration」、「ストリーム構成変更(PMT..)」「AAC音声チャネル切替」について正常動作しているのが無事確認できた。

タグ:Mplayer vaapi
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Sandy Bridge VAAPI(Hardware-accelerated decoding)環境の導入 [録画・再生]

Ubuntu 11.04(Natty)、そのままでもCPUパワーは充分でTSファイル再生も全く問題ないが、折角の機能、GPU(Intel HD Graphics 3000)のハードウェアアクセラレータ機能を試したくVAAPI環境を導入してみた。
$ sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install xserver-xorg-core ...(保留PKGのインストール
$ sudo apt-get install i965-va-driver
$ vainfo
libva: libva version 0.32.0
libva: va_getDriverName() returns 0
libva: Trying to open /usr/lib/dri/i965_drv_video.so
libva: va_openDriver() returns 0
vainfo: VA API version: 0.32
vainfo: Driver version: i965 Driver 0.1
vainfo: Supported profile and entrypoints
     VAProfileMPEG2Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileMPEG2Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointVLD
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
これで必要な「libdrm」、「libva」等もインストールされVAAPIな環境はOKな筈であったが「XBMC(unstable版)」(導入は前記事参照)からVAAPI機能を有効にしてTSファイル再生してみたが見事にクラッシュ、VAAPIを無効化した場合は正常動作。しかたなく本家「http://intellinuxgraphics.org/」を参考にして、
・libdrmのインストール
$ wget http://dri.freedesktop.org/libdrm/libdrm-2.4.26.tar.bz2
$ sudo apt-get build-dep libdrm
$ tar xvfj libdrm-2.4.26.tar.bz2
$ cd libdrm-2.4.26
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
・libvaのインストール
$ wget http://cgit.freedesktop.org/libva/snapshot/libva-1.0.14.tar.bz2
$ sudo apt-get build-dep libva
$ tar xvfj libva-1.0.14.tar.bz2
$ cd libva-1.0.14
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-i965-driver
$ make
$ sudo make install
$ sudo ldconfig
これでインストールは完了、再構築後のVAAPI環境は
$ vainfo
libva: libva version 0.32.0
libva: va_getDriverName() returns 0
libva: Trying to open /usr/local/lib/dri/i965_drv_video.so
libva: va_openDriver() returns 0
vainfo: VA API version: 0.32
vainfo: Driver version: i965 Driver 0.1
vainfo: Supported profile and entrypoints
     VAProfileMPEG2Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileMPEG2Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Main : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264High : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264High : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileVC1Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Advanced : VAEntrypointVLD
で、「MPEG2」、「H264」、「VC-1」のHWデコーディングがサポートされていることが確認できた。動作の方も「XBMC(unstable版)」での正常動作とCPU使用率(4CPU合成値)が10%台から数%台へ下がったことを確認した。ちなみに「XBMC(unstable版)」はいつの頃からか「VAAPI」がデフォルトで有効になっているので、コンパイルからのインストールは不要に。
タグ:Mplayer xbmc vaapi
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

XBMC 11.0 -Ubuntu 11.04(Natty) +リモコン(LIRC) [録画・再生]

Screenshot-1.pngUbuntu 11.04(natty)に上げたのを機にXBMC 11.0(Eden)を試してみた。但し、まだUnstable版、3週間ほど使用しているが1、2度反応しなくなりプロセスkillしなければならかったので、その辺を理解した上で。主な用途は2台の録画サーバの方で録りためたTSファイルの視聴、リモコンと組み合わせて便利に使用させて貰ってる。
$ sudo add-apt-repository ppa:team-xbmc/unstable
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xbmc
日本語化の方は以前のこの記事を参考に。
リモコンはI-Oデータ・GV-MC/RCkitを使用してるが、Natty(Maverickでも)では少し問題があった。リモコン受信器は認識されているがデバイスファイル(/dev/lirc0)が作成されないのである。これは後でインストールしたLircの「lirc_mceusb」が既にあるカーネルモジュール「mceusb」と競合していたのが原因だったようで、
$ vi /etc/modprobe.d/blacklist.conf
  ・・・・・・・・・・・・
  blacklist mceusb(追加)
で解決した。
Xbmc 11.0で追加されている機能の詳細はここを参考に、自分的には番組Thumbnailが殆ど問題なく作成されるようになったことが一番嬉しかったりする。残念ながら以前のVerでは失敗する方が多かった気が。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

mplayer-vaapiのビルドと動画再生 [録画・再生]

デスクトップPCでの動画(MPEG2-TS)ファイル再生は、Ubuntu+nVidiaGeForce GT220、GT250)+動画再生支援(VDPAU)で快適に使用できている。また、Netbook(工人舎:SC3)・fit-pc2i(GMA500)+Ubunutu+GMA500の方もmplayer+動画再生支援(VAAPI)により前者と同様にとまでは行かないがそれなりに使用できるように。但し、UbuntuでデフォルトでインストールされるmplayerにはVAAPI機能は組み込まれていないので、PPAリポジトリーからインストールするか別にビルドする必要がある。最新のmplayer-vaapiのビルドはここのサイトを参考にした。
$sudo apt-get build-dep mplayer
$sudo apt-get yasm lirc
$wget http://www.splitted-desktop.com/~gbeauchesne/libva/pkgs/i386/libva1_0.31.1-1+sds4_i386.deb
$wget http://www.splitted-desktop.com/~gbeauchesne/libva/pkgs/i386/libva-dev_0.31.1-1+sds4_i386.deb
$sudo dpkg -i libva1_0.31.1-1+sds4_i386.deb libva-dev_0.31.1-1+sds4_i386.deb
$wget http://www.splitted-desktop.com/~gbeauchesne/mplayer-vaapi/mplayer-vaapi-latest-FULL.tar.bz2
$tar xvfp mplayer-vaapi-latest-FULL.tar.bz2
$cd mplayer-vaapi-2010xxxx/
$./checkout-patch-build.sh
$cd mplayer-vaapi/
$sudo make install
file-browser.pngインストール先は「/usr/local/」配下に、使用に際してはファイルブラウザから録画サーバの動画(MPEG2-TS)ファイルを直接(Windows共有)再生可能となるよう設定してある。設定はファイルブラウザから
1.「適当な動画ファイルを右クリック」
2.「別のアプリで開く(H)」を選択
3.「別のアプリ(A)..」をクリック
4.左図ウィンドウが表示されるので「▽コマンドを直接指定する(U)」をクリック
5.「/usr/local/bin/mplayer -vo vaap -va vaapi -framedrop -fs %F」を入力し、「開く(O)」をクリック
で「mplayer」がメニューに追加、次回からは動画(MPEG2-TS)ファイルを右クリックで追加された「mplayer」を選択することで再生が可能に。

タグ:Mplayer vaapi
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Linux録画サーバ -予約時間に自動で電源ON [録画・再生]

録画サーバはLinuxUbuntu)と予約録画システム(EPGrec)で構成。
POV-ION-MB330-1(マザーボードAtom 330 1.6GHz Dualコア、ION)+PT2
Ubuntu 10.04+recpt1(PT2ドライバ)+EPGrec(録画予約システム)
録画サーバは家にいる時間が不規則なのでどうしても24時間稼働に。それなりに省電力なハード構成にはなってますが、特に平日では使用(録画・再生)してるより空転してる方が圧倒的に長い、これでは余りにも「モッタイナイ(国際語..ですね!)」ということで「予約時間になると自動で電源ON」するようにしてます。次がそのサンプルになります。
$ cat /usr/local/bin/setwakeup
#!/bin/bash
#
#  EPGrecのMySQL DB名:録画予約TBL名:録画開始・終了時刻FIELD名
DBNAME="XXXX"
GETTBL="Recorder_reserveTbl"
GETSTART="starttime"
GETEND="endtime"
# 
# MySQL ユーザ名、パスワード
SQLUSER="XXXX"
SQLPASS="XXXX"
#
#現在時刻以降の録画予約リストの取得
echo "select $GETSTART,$GETEND from $GETTBL where $GETSTART > 
'`date +%F` `date +%T`'" | mysql -N -u $SQLUSER -p$SQLPASS $DBNAME >
 ~/temp/rectime.txt   注)この3行、実際にはここまでが1行
#
#直近の録画開始時刻を取得
if [ -s ~/temp/rectime.txt ]; then
  SETTIME=`sort ~/temp/rectime.txt | sed -n '1p' | 
  sed -e 's/^\(.\{19\}\).*/\1/'` 注)この2行、実際にはここまでが1行
fi
#
#電源ON時間をその5分前に設定
SECS=`date -d "$SETTIME 5 minutes ago" '+%s' `
echo 0 > /sys/class/rtc/rtc0/wakealarm
echo $SECS > /sys/class/rtc/rtc0/wakealarm
#
#設定した時間を表示
cat /proc/driver/rtc
ここで「XXXX」はそれぞれの環境に合わせて..因みに自分の場合は全てログイン名でした。あとは実行権限を付与し「/usr/local/bin/」にでも。実行の際には管理者権限で、
$ sudo setwakeup
rtc_time	: 12:19:22
rtc_date	: 2010-09-26
alrm_time	: 12:55:00
alrm_date	: 2010-09-27
alarm_IRQ	: yes
alrm_pending	: no
24hr		: yes
periodic_IRQ	: no
update_IRQ	: no
HPET_emulated	: yes
DST_enable	: no
periodic_freq	: 1024
batt_status	: okay
$ sudo shutdown -h now
「alarm_time」と「alarm_date」が設定した電源ON時刻ですが、JST(+9:00)に読み替える必要があります。なお失敗時(予約データが無い等..)は「alarm_date:****-9-26」のように西暦年が表示されません。これで取り敢えずは自動電源ONだけは実現、そのうち自動電源OFFもと思ってますが..、就寝前か朝出掛ける前にリモートからこれを実施してます。
タグ:PT2 ACPI EPGrec
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

XBMC-動画(MPEG2-TS)ファイルの再生 [録画・再生]

録画サーバもLinux(Ubuntu)と2枚目のPT2で構築しているが、
玄人志向 POV-ION-MB330-1+PT2
Ubuntu 10.04+recpt1+epgrec
ここで録画した番組を再生するため、先出のリアル視聴用PCに「XBMC Media Center」を導入している。起動すると直感的なメニューが全画面表示され誰でも即操作が可能、更にデフォルトでLIRCにも対応してるのでリモコンがあるとより幸せに..PCリテラシーが低い家族も違和感無く使用できているようだ。
ubuntuへの導入はここを参考にすれば良いが、開発が活発なので自分はxbmc-svnを導入している。日本語化率も少し高くなっているようだ。
$ sudo add-apt-repository ppa:team-xbmc-svn/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install xbmc
日本語化は日本語フォントを予めXBMC配下に「Arial.ttf」として配置、
$ sudo cp /usr/share/fonts/truetype/vlgothic/VL-PGothic-Regular.ttf /usr/share/xbmc/media/Fonts/Arial.ttf
あとはメニュー「System→Appearance」に移動し
・「Skin」→「-Fonts」を「Arial」を選択
・「International」→「Language」で「Japnese」、「Character set」で「Japanese(Shift-jis)」をそれぞれ選択
VDPAU(ビデオ再生支援機能)にも対応しているので「システム」→「ビデオ」→「Playback」で該当設定を有効化すれば良い。キーボード、リモコン操作は次のXMLファイルで設定されている。
$ ls /usr/share/xbmc/system/keymaps/
  ・・・・・
  keyboard.xml
  remote.xml
リモコンボタンの割付を自分好みにしたければこのXMLファイル(remote.xml)を変更することになる。因みに二ヶ国語放送等での音声切替はリモコンボタンの「#(hash)」に割付られている。

タグ:xbmc VDPAU
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
- | 次の10件 録画・再生 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。