So-net無料ブログ作成
検索選択

Ubuntu 13.04 PT2ドライバのインストール [PT2]

この連休でUbuntu13.04へバージョンを上げたので、PT2ドライバも新たにインストールすることに。
PT1/PT2ドライバはいつもこちらのものを使わせて貰っているが、Ubuntu13.04ではカーネルが3.8.0になっているので別にパッチを当てる必要がある。パッチは「Linux/テレビ関連/PT2」「7.kernel3.8対応」のものをそのまま使用させて貰った。(コピー&ペーストで"driver-for3_8.patch"で保存)
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/b14397800eae.tar.bz2
$ tar xvfj b14397800eae.tar.bz2
$ cd pt1-b14397800eae/driver
$ patch -p0 < ../../driver-for3_8.patch
patching file pt1_pci.c
Hunk #1 succeeded at 45 (offset 4 lines).
Hunk #2 succeeded at 698 (offset 4 lines).
Hunk #3 succeeded at 928 (offset 4 lines).
Hunk #4 succeeded at 999 (offset 4 lines).
$ make
$ sudo make install
カーネルデフォルトのDVB版ドライバを無効にしてからリブートしてインストール完了。
$ sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist.conf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
blacklist earth_pt1
$ sudo shutdown -r now
・・・・・(リブート)・・・・・
$ ls /dev/pt1video*
/dev/pt1video0 /dev/pt1video1 /dev/pt1video2 /dev/pt1video3
「recpt1」の方はhttp版パッチを当てて使用している。パッチの適用方法は「recpt1(httpサーバ版)パッチを最新ソースに適用」を参考に。

<追加:コメント欄へ質問を頂いたので>
arib25のコンパイルの方は以下の通りである。
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1.oyama/archive/c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ tar xvfj c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ cd pt1-oyama-c44e16dbb0e2/arib25/src
$ make
$ sudo make install

<改行がなぜか無効となってしまうのでコメント欄は非表示へ変更>

タグ:PT2 recpt1
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

recpt1(httpサーバ版)パッチを最新ソースに適用 [PT2]

【2013.10.20追記:本家最新版ソース「pt1:log」は構造が大幅に変更になったので、httpパッチは「適当な何かの別館」から入手して下さい。この場合、以下手順のパッチ作成は不用】
recpt1(httpサーバ版)は、「up0319.zip(DTV関係ツール)(今は「MediaFire」からダウンロードできる。)」をそのまま使用してきたが、ベースの本家ソース「pt1:log」を確認してみると少し古い。
$ unzip up0319.zip
$ cd pt1-http-rc4_fix/
$ cat .hg_archival.txt
repo: 67e8eca28a802cc7fbf007d5ed73f52254eff99f
node: 7662d0ecd74b330f3f970f485fe42a674cc3676b
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この「7662d0ecd74b」版ソースを本家で確認してみると「date Fri, 19 Nov 2010 11:19:25 +0900 (21 months ago)」と2年弱前、当然、本家ソースにはその後幾つもの有用なパッチが盛り込まれている。これを最新版ソースに更新することに。まず「7662d0ecd74b」版との差分から、
$ cd ..
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/7662d0ecd74b.tar.bz2
$ tar xvfj 7662d0ecd74b.tar.bz2
$ diff -urN pt1-7662d0ecd74b/recpt1/recpt1.c pt1-http-rc4_fix/recpt1/recpt1.c > recpt1-http.patch
パッチ(recpt1-http.patch)を作成し、本家の最新ソースに適用、
$ hg clone http://hg.honeyplanet.jp/pt1/
$ cd pt1/recpt1
$ patch -p2 < ../../recpt1-http.patch
patching file recpt1.c
Hunk #2 succeeded at 82 (offset 2 lines).
Hunk #3 succeeded at 558 (offset 46 lines).
Hunk #4 succeeded at 581 (offset 46 lines).
Hunk #5 succeeded at 966 (offset 46 lines).
Hunk #6 succeeded at 977 (offset 46 lines).
Hunk #7 succeeded at 1010 (offset 46 lines).
Hunk #8 succeeded at 1074 (offset 46 lines).
Hunk #9 succeeded at 1434 (offset 46 lines).
何とか適用できた。更に自身はPT3を使用しているので以下のパッチを適用した。
--- pt1_dev.h.orig	2012-08-04 12:47:59.131278846 +0900
+++ pt1_dev.h	2012-08-05 11:48:11.977807216 +0900
@@ -7,20 +7,20 @@
     "/dev/pt1video0",
     "/dev/pt1video5",
     "/dev/pt1video4",
-    "/dev/pt1video9",
-    "/dev/pt1video8",
-    "/dev/pt1video13",
-    "/dev/pt1video12"
+    "/dev/pt3video1",
+    "/dev/pt3video0",
+    "/dev/pt3video5",
+    "/dev/pt3video4"
 };
 char *isdb_t_dev[NUM_ISDB_T_DEV] = {
     "/dev/pt1video2",
     "/dev/pt1video3",
     "/dev/pt1video6",
     "/dev/pt1video7",
-    "/dev/pt1video10",
-    "/dev/pt1video11",
-    "/dev/pt1video14",
-    "/dev/pt1video15"
+    "/dev/pt3video2",
+    "/dev/pt3video3",
+    "/dev/pt3video6",
+    "/dev/pt3video7"
 };
 
 // �Ѵ��ơ��֥�(ISDB-T��)
あとはコンパイルインストールで完了。
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install /

タグ:PT2 recpt1 PT3
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Ubuntu 12.04でPT3を試用してみた [PT2]

少し前から開発中のPT3ドライバ(pt3_drv)を試用させて貰っている。開発デンポは驚くほどで、既に「recpt1」が使える所まで達している! ドライバはここで公開されているので、
$ git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.git
$ cd pt3/
$ git log
commit e16c0aeb4aa44e5e801d6e20bdb7dd070130eeba
Author: m-tsudo
Date: Fri Jul 27 15:44:14 2012 +0900

refactoring
・・・・・・・・
$ make
$ sudo make install
(再起動)
これで
$ ls /dev/pt3*
/dev/pt3video0 /dev/pt3video1 /dev/pt3video2 /dev/pt3video3
デバイス名が表示されれば正常。後は「recpt1(http版)」がインストール済であったので、(「recpt1」のインストールはこちらを参考)
$ recpt1 --device /dev/pt3video2 --b25 --strip --sid hd 27 - - | cvlc -
で無事リアル視聴できた。ここで一々デバイス指定するのは何かと不便なので「recpt1」配下の以下ファイルを変更(2012.08.05:パッチ内容を再変更)
--- pt1_dev.h.orig	2012-08-04 12:47:59.131278846 +0900
+++ pt1_dev.h	2012-08-05 11:48:11.977807216 +0900
@@ -7,20 +7,20 @@
     "/dev/pt1video0",
     "/dev/pt1video5",
     "/dev/pt1video4",
-    "/dev/pt1video9",
-    "/dev/pt1video8",
-    "/dev/pt1video13",
-    "/dev/pt1video12"
+    "/dev/pt3video1",
+    "/dev/pt3video0",
+    "/dev/pt3video5",
+    "/dev/pt3video4",
 };
 char *isdb_t_dev[NUM_ISDB_T_DEV] = {
     "/dev/pt1video2",
     "/dev/pt1video3",
     "/dev/pt1video6",
     "/dev/pt1video7",
-    "/dev/pt1video10",
-    "/dev/pt1video11",
-    "/dev/pt1video14",
-    "/dev/pt1video15"
+    "/dev/pt3video2",
+    "/dev/pt3video3",
+    "/dev/pt3video6",
+    "/dev/pt3video7",
 };
 
 // �Ѵ��ơ��֥�(ISDB-T��)
そして再コンパイル
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install
これで「--device」オプション無しで
$ recpt1 --b25 --strip --sid hd 27 - - | cvlc -
リアル視聴できる筈、少し気が早いがepgerecと組合せた録画マシンも構築しようと思えば可能な筈。
自身は「recpt1(http版)」の方を使用しているので、
$ recpt1 --b25 --strip --sid hd --http 8800
として、
$ cat pt3playlist.m3u
#EXTM3U
#EXTINF:0,NHK総合
http://localhost:8800/27
#EXTINF:0,NHKEテレビ
http://localhost:8800/26
#EXTINF:0,日本テレビ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#EXTINF:0,BS1
http://localhost:8800/101
#EXTINF:0,BSプレミアム
http://localhost:8800/103
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
$ vlc pt3playlist.m3u &
でリアル視聴している。勿論、VLC側からのチャネル切替についても正常動作しており、PT2やKTV-FSUSB2の場合と変わらない。
まだまだ改善され良くなっていくだろうからこれから楽しみであると同時に、開発者の皆さんにはただただ感謝の念で一杯である。

タグ:vlc PT2 recpt1 PT3
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Ubuntu 12.04LTS(Daily Build)+recpt1(http版)導入 [PT2]

Ubuntu 12.04LTS(Daily Build)で気になっていたカードリーダ(PCSC)周りの動作確認ができたので、recpt1(http版)を導入してみた。http版にしたのはOpenELECで「http stream」によるライブ視聴も意図してのことだ。(ここでは「arib25」導入済が前提)
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0319.zip
(追記;現在ダウンロードできない、MediaFireから取得可能のようである。)
$ unzip up0319.zip
$ ls pt1-http-rc4_fix/
driver recpt1
「driver」の方は新カーネルに追従していないので「pt1_pci.c」を「Linux/テレビ関連/PT2」のものに入れ替えた。
$ cp pt1_pci.c pt1-http-rc4_fix/driver/
$ cd pt1-http-rc4_fix/driver/
$ make
$ sudo make install
$ vi /etc/modprobe.d/blacklist.conf
blacklist earth_pt1 #追加:DVB版ドライバ無効化
$ sudo shutdown -r now
$ ls /dev/pt1*
/dev/pt1video0 /dev/pt1video1 /dev/pt1video2 /dev/pt1video3
「recpt1」の方も以下のパッチをあてた。
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0307.zip # PMT解析修正patch
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0340.zip # チャンネル変更対応パッチ
$ unzip up0307.zip
$ cd pt1-http-rc4_fix/
$ patch -p1 < ../pt1-http-rc4-fix-pmt-scan.diff
$ cd ..
$ unzip up0340.zip
$ cd pt1-http-rc4_fix/recpt1/
$ patch -p0 < ../../patch/bs.patch
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install
動作確認は以下の通り行った。
$ recpt1 --strip --sid hd 101 - - | mplayer -vo vaapi -vo vaapi -cache 8192 -
因みにmplayer(vaapi対応)にはDTV関連ツールのISDBパッチを適用してあるのでrecpt1の「--b25」オプションは不要。(前記事参照
タグ:Mplayer PT2 recpt1
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Ubuntu 12.04LTS(Daily Build) を試用してみた [PT2]

「Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin) Daily Build」から「precise-desktop-amd64.iso」をクリーンインストールしてみた。来月の正式リリースを機に録画サーバ(Ubuntu10.04、recpt1+epgrec)をこちらに移行しようと思っている。ただし今回の事前確認はDVB版ドライバの方で。最初に「Pentium G620T」のハードウェアアクセラレータ機能を有効にしておく。
$ sudo apt-get install i965-va-driver libva vainfo
$ vainfo
これだけで大丈夫そうであるが、TSファイルを実際に再生してみて確認することに。次にPCカード周りであるが、oneiricではダウングレードして使用しているので気になるところ。
$ sudo apt-get install libccid libpcsclite1 pcscd pcsc-tools
$ pcsc_scan
PC/SC device scanner
V 1.4.18 (c) 2001-2011, Ludovic Rousseau
Compiled with PC/SC lite version: 1.7.4
Using reader plug'n play mechanism
Scanning present readers...
Waiting for the first reader...
色々調べてみたらここの「Ubuntu日本語フォーラム」 で答えが得られた。
$ sudo vi /etc/init.d/pcscd
・・・・・・・・・・
# comment the line to have the same behavior as in version < 1.6.0
#exit 0 ←43行をコメントアウト
$ sudo service pcscd restart
この後PCカードリーダの抜き差しで正常動作に、もう少し様子を見る必要があると思っているが。もしかしたらoneiricでもこれで良かったのかも。次に「arib25」は最新版を導入、特に有料放送は視聴していないが..。
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/pt1up/source/up0353.gz
$ tar xvfz up0353.gz
$ sudo apt-get install build-essential autoconf libpcsclite-dev
$ cd arib25-0.2.5/src/
$ make
$ sudo make install
最後にこちらのサイトに用意したmplayerを導入した。これは、DTV関連ツール(DTVアップローダ)のLinux用mplayer差分パッチ(up0719、up0799)をこちらのmplayer(vaapi)に適用したものである。
$ wget http://medakafc2.web.fc2.com/mplayer/vaapi-mplayer-hwaccel-isdb.zip
$ unzip vaapi-mplayer-hwaccel-isdb.zip
$ sudo apt-get build-dep mplayer
$ sudo apt-get install libpcsclite-dev libva-dev
$ cd vaapi-mplayer
$ ./configure --enable-vaapi
$ make -j2
$ sudo make install
ライブ視聴は、
$ tune 0 1 &
$ mplayer -cache 8192 -vo vaapi -va vaapi /dev/dvb/adapter0/dvr0
$ fg
tune 0 1
^C
ハードウェアアクセラレータ機能(VAAPI)が有効になっているのも確認できた。ここで「tuneコマンド」の導入はこちらを参考に。

タグ:Mplayer PT2 vaapi
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Sandy Bridge+Ubuntu 11.04(Natty)でPT2(DVB版)を試用(修正版) [PT2]

Ubuntu 11.04(Natty)の標準カーネル(2.6.38)ではPT2ドライバ(DVB版)動作に問題があるので、「Linux 3.0 under Ubuntu ‘natty’ 11.04」を参考にカーネル3.0にバージョンアップしたが、この方法では「Oneiric」リポジトリが追加されてるので、kernelアップデート時にエラーが発生、またPCSC(Oneiric)でもB-CASカード読み込みが時々不可となる問題が。(上記URLを参考にした前記事は削除)
このため一旦「Oneiric」からインストールしたkernel、libccidなどをアンイントール、同リポジトリも「/etc/apt/sources.list.d/」削除してから、こちらの方法「Custom kernel 3.0.1 ubuntu 64 bit kernel optimized for i3, i5 and i7 processors」でやり直した。
$ wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.0.1-oneiric/linux-headers-3.0.1-030001-generic_3.0.1-030001.201108060905_amd64.deb
$ wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.0.1-oneiric/linux-headers-3.0.1-030001_3.0.1-030001.201108060905_all.deb
$ wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.0.1-oneiric/linux-image-3.0.1-030001-generic_3.0.1-030001.201108060905_amd64.deb
$ sudo dpkg -i linux-headers-3.0.1-030001-generic_3.0.1-030001.201108060905_amd64.deb linux-headers-3.0.1-030001_3.0.1-030001.201108060905_all.deb linux-image-3.0.1-030001-generic_3.0.1-030001.201108060905_amd64.deb
これでリブートすると、
$ uname -r
3.0.1-030001-generic
$ ls /dev/dvb/
adapter0 adapter1 adapter2 adapter3
で、PT2も正常デバイスとして認識された。あと「libccid」関連の方はMaverickのものをインストール、
$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu//pool/universe/c/ccid/libccid_1.3.11-1_amd64.deb
$ wget http://security.ubuntu.com/ubuntu/pool/main/p/pcsc-lite/libpcsclite-dev_1.5.5-3ubuntu2.1_amd64.deb
$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu//pool/main/p/pcsc-lite/libpcsclite1_1.5.5-3ubuntu2.1_amd64.deb
$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu//pool/universe/p/pcsc-tools/pcsc-tools_1.4.16-1_amd64.deb
$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu//pool/universe/p/pcsc-lite/pcscd_1.5.5-3ubuntu2.1_amd64.deb
$ sudo dpkg -i *.deb
でB-CASカードも正常に読み込み可能となった。あとはこれらPKGがアップデートされないよう「/etc/apt/preferences.d/」配下に
$ cat /etc/apt/preferences.d/pcsc
package: libccid
Pin: version 1.3.11-1
Pin-Priority: 1001
package: libpcsclite-dev
Pin: version 1.5.5-3ubuntu2.1
Pin-Priority: 1001
package: libpcsclite1
Pin: version 1.5.5-3ubuntu2.1
Pin-Priority: 1001
package: pcsc-tools
Pin: version 1.4.16-1
Pin-Priority: 1001
package: pcscd
Pin: version 1.5.5-3ubuntu2.1
Pin-Priority: 1001
を作成した。「Pin-Priority: 1001」について自身は余り理解してないが、取り敢えず意図したとおりには動いてるので、このまま様子をみることに。
タグ:PT2 DVB ubuntu 11.04
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Sandy Bridge+Ubuntu 11.04(Natty)のインストール [PT2]

メインPCを数年振りで省電力化も兼ねて「Pentium4」から「Sandy Bridge」へ新調した。ハード構成は以下の通り
CPU : Core i5 2405S (65W、4コア、内蔵GPU Intel HD Graphics 3000)
Main Board : Z68MX-UD2H-B3 (GIGABYTE、microATX)
省電力と言うことでグラフィックカードは敢えて搭載しないことに。早速Ubuntu11.04(Natty 64bit版)をクリーンインストール。大きなトラブルは無かったが既にext4でフォーマットしてあるHDDを使用したが、インストーラからはデバイスとしては認識されるのだが割付けているパーテーションが認識され無かったので、一度インストーラを終了しディスクユーティティで再フォーマットすることで旨くいった。
パッケージを最新化後、即インストールしたXBMCから録画サーバのTSファイルを再生してみたが問題なく視聴できた(NattyへのXBMC導入はこちら)。ただインストール直後なので、
$ sudo apt-get install vainfo
$ vainfo
libva: libva version 0.31.1
libva: va_getDriverName() returns 0
libva: Trying to open /usr/lib/dri/i965_drv_video.so
libva: va_openDriver() returns -1
vaInitialize failed with error code -1 (unknown libva error),exit
ということで、「VAAPI」な環境はこれから整える必要がある。(これは不要かも、XBMC、mplayerは十分なパフォーマンスで動作している...)

PT2_DIRAC.JPGあとPT2はライザカード「DIR-EB262-C13」(PCIe→PCIx2変換)を介してPCIe(x1)レーンに装着した。この場合PT2は上下逆向きにせざるを得ないので、PCケースに固定するためブラケットも上下逆にする必要がある(左写真参照)。上手くすればPT2の2枚挿しも可能かも知れない。
PT2の装着状態の確認は、
$ lspci -v
    ・・・・・
03:04.0 Multimedia controller: Xilinx Corporation Device 222a (rev 01)
    Subsystem: Device ef11:ddd5
    Flags: bus master, medium devsel, latency 32
    Memory at fbcff000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
    Kernel driver in use: earth-pt1
    Kernel modules: earth-pt1
    ・・・・・
DVB版カーネルモジュール(earth-pt1)が割り付けられており無事認識されているようだ。但しNattyではDVB版ドライバに問題があって、このままでは使えない。この辺の環境整備も後日ゆっくりとする事に。ワットチェッカーによる消費電力は通常時(XBMCによるTSファイル再生)で50数W、最大でも約70W。以前のメインPC(Pentium4+GTS-540)の約1/2程度となっている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PT2(DVB)+MythTVで番組情報取込み [PT2]

Screenshot-1.png「PT2(DVB)+MythTV」でリアル視聴環境ができたので、次は番組情報の取込みを。手順の方は「PT1/PT2のDVBとMythTV @Wiki」中の「3.mc2xmlを使ってmythfilldatabaseを更新する方法」で行なった。幾つかの方法が掲載せれているが自分にはこの方法が最も容易。


$ wget http://mc2xml.my3gb.com/?h=oz6h182 -O mc2xml
$ chmod 755 mc2xml
$ ./mc2xml -c jp -g (郵便番号7桁) -U
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[mc2xml] (0-7):1 (選択)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作成された「xmltv.xml」の「channel id」をそのままmythtv-setupの「xmltvid」へ設定、
・mythtv-setup → 5.チャネル設定 → Channel Editor (チャネルを選択)
    xmltvid: I53.4.microsoft.com(日本テレビの場合)
全て終えたら
$ mythfilldatabase --refresh-all --file 1 ./xmltv.xml
これだけで完了、あとは「cron」で定期的に番組情報を更新するようにすればOK。

タグ:PT2 MythTV
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PT2(DVB)+MythTVでリアル視聴(Watch TV) [PT2]

「MythTV」は玄人志向「CX23416GYC-STVLP」と組み合わせて録画サーバとして昨年まで長期間にわたって運用していたが、PT2でも「PT1/PT2のDVBとMythTV @Wiki」のお陰で導入の敷居がかなり低くなったようなので、手始めにリアル視聴(Watch TV)を実現してみた。なお以下は既に「PT2(DVB)+カードリーダ(B-CAS)」でmplayerなど視聴可能であることが前提条件、念のため。まずfuse_b25(0.4系)を導入、
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0596.zip
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0600.zip
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0606.zip
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0607.zip
$ unzip up0596.zip
$ unzip up0600.zip
$ unzip up0596.zip
$ unzip up0600.zip
$ cd fuse_b25-0.4.1/
$ tar xvfz fuse_b25-0.4.1.tar.gz
$ cd fuse_b25-0.4.1/
$ cat ../../fuse_b25-0.41to0.42/0003-convert-text-to-UTF16BE.patch | patch -p1
$ cat ../../fuse_b25-0.41to0.42/0004-convert-genre-info.patch | patch -p1
$ cat ../../0005-nonblock-read.patch | patch -p1
$ cat ../../0006-mutex-demuxer.patch | patch -p1
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
後は「fuse_b25」による設定を「/etc/rc.local」に追記、
$ sudo vi /etc/rc.local
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
for ADAPTER in 0 1 2 3 ; do
  NEW_ADAPTER=`expr $ADAPTER + 4`
  mkdir /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
  chown root:video /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
  chmod 0775 /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
  /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter$ADAPTER /dev/dvb \   /adapter$NEW_ADAPTER -o allow_other --conv --eit --utc
done
exit 0
で起動時に「/dev/dvb/adapter4~7」が作成されるように。次にMythtvの方は「mythbuntu」から最新版(0.24)をインストールした。
$ wget http://www.mythbuntu.org/files/mythbuntu-repos.deb
$ sudo dpkg -i mythbuntu-repos.deb
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install mythtv mythweb
「mythtv-setup」については前述「@wiki」通りを行なった。最後に「mythfrontend」で音声デバイスをUbuntu標準の「Pulseaudio」へ変更、
「Utilities/Setup」→「Setup」→「全般」→「Audio System
    音声出力デバイス:「Pulseaudio:default」
    ミキサーデバイス:「software」
これで「Watch TV」からリアル視聴が可能となったが、こちらの環境では視聴中に音割れや雑音の問題が発生したため、止むなくALSAに戻すことに、
$ sudo apt-get purge pulseaudio
$ sudo apt-get install gnome-alsamixer
再び「mythfrontend」で音声デバイスにALSAを指定。
「Utilities/Setup」→「Setup」→「全般」→「Audio System」
    音声出力デバイス:「ALSA:default」
    ミキサーデバイス:「ALSA:default」
因みにこの辺りについては「Ubuntu: Make ALSA default instead of PulseAudio」が参考に。ここで「Pulseaudio」のアンインストールは不要で「mythfrontend」から
「Utilities/Setup」→「Setup」→「全般」→「Audio System」
    「Scan for audio device」実行で以下が選択可能となる
    音声出力デバイス:「ALSA:hw:CARD=Intel,DEV=0」を「→」キーで選択
    ミキサーデバイス:「ALSA:default」も「→」キーで選択
これで「Pulseaudio」がインストール状態のままでも使用できるようになった。なお音声デバイスは「→」キーで表示されるものから試行錯誤しながら決定した。(2011.5.7追記訂正)
タグ:PT2 MythTV
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PT2(DVB版ドライバ) mplayerでリアル視聴 [PT2]

PT2(DVB版ドライバ)とfuse_b25を導入したが、今回はこれをベースにmplayerによるリアル視聴を試してみた。(2011.8.11追記:このmplayerはMULTI2復号化対応なのでfuse_b25は無くとも..うっかりミス多いな〜..)
mplayerはS2API(V5)の「channels.conf」に対応したものをコンパイルして使用した。必要なファイルの取得は次の通り、
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0469.zip # S2API等パッチ済みmplayer
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0483.zip # 同追加パッチ
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0470.zip # s2scan等のツール
次に必要なライブラリの追加インストール、あとは展開、コンパイル。
$ sudo apt-get install libvdpau-dev yasm
$ sudo apt-get build-dep mplayer
$ unzip up0469.zip
$ unzip up0483.zip
$ cd mplayer-r32630-patched/
$ patch -p0 < ../audiosw-pmt.patch
$ patch -p1 < ../switch-dmono.patch
$ ./configure
$ make && sudo make install
インストールは「/usr/local/」配下にされる。なお「configureオプション」は特に指定しなかった。あとは「channels.conf」を作成するツール(s2scann)をコンパイル。
$ unzip up0470.zip
$ cd dvb_apps_0.91/cmds/
$ make clean && make
これで準備ができたので「channels.conf」を作成。
$ ./s2scan -a 1 > channels.conf # 地上波
$ ./s2scan -a 0 -b >> channels.conf # BS
$ cp channels.conf ~/.mplayer/
それぞれの行頭にある局名は、容易に指定できるものに変更してやってから、局名を直接指定することでリアル視聴ができた。
$ mplayer dvb://1@NHK # 地上波 1or3@局名
$ mplayer dvb://0@BSh # BS 0or2@局名


タグ:Mplayer PT2 DVB
nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。