So-net無料ブログ作成

Archlinux 固定IPの設定 [Hummingboard]

 他のPCからのリモート(ssh)操作にはDHCPだと何かと不便なので固定IPにした。Archlinuxのネットワーク設定方法にはsystemd、netctl、systemd-networkdなど幾つかあるようで、ここではsystemd-netwokdで行った。最初にネットワークのデフォルト状態である。
# ip a
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2: eth0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP g0
link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.1.181/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic eth0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# cat /etc/systemd/network/eth0.network
[Match]
Name=eth0

[Network]
DHCP=both
# systemctl is-enabled systemd-networkd
enabled
ipコマンドで確認できたデバイス名(eth0)のNICに対して「eth0.network」の中で「DHCP=both(DHCPv4とv6の両方)」に設定されおり、結果としてDHCPサーバから「192.168.1.181」が割り振られている。これを固定IPに設定するには「eth0.network」を以下のように変更してやれば良い。
# vi /etc/systemd/network/eth0.network
[Match]
Name=eth0

[Network]
DHCP=false
Address=192.168.1.41/24
Gateway=192.168.1.1
DNS=192.168.1.1
# ip addr flush dev eth0
# ip a
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2: eth0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP gr0
link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# systemctl restart systemd-network
# ip a
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2: eth0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP g0
link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 92.168.1.41/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic eth0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
# systemctl reboot
固定IPアドレス(ここでは192.168.1.41)で立ち上がっているはずである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Archlinux+xbmcの導入 [Hummingboard]

 HummingBoard-i2eXへ何とかArchlinuxをインストールできたので次にxbmcを導入してみた。手順は「Archlinuxarm official + xbmc (imx6)」を参考にした。
# pacman -Syu
# pacman -S polkit
# pacman -S xbmc-imx-git libfslvpuwrap libcec-imx6 gpu-viv-bin-mx6q-fb firmware-imx imx-vpu
# systemctl start xbmc
# systemctl enable xbmc
# systemctl reboot
これでお馴染みのxbmcの画面が立ち上がって来る筈。ここでxbmcより先に「polkit」をインストールしているが、後ではxbmc終了メニューで「システム終了、電源を切る」などが表示されなかった。あと、この「xbmc」はユーザ名「xbmc」、ホームディレクトリは「/var/lib/xbmc/」で立ち上がってくるので、
# cat /usr/lib/systemd/system/xbmc.service
[Unit]
Description = Starts an instance of XBMC
After = remote-fs.target
[Service]
User = xbmc
Group = xbmc
Type = simple
ExecStart = /usr/bin/runxbmc
Restart = on-failure
[Install]
WantedBy = multi-user.target
# grep xbmc /etc/passwd
xbmc:x:1000:1000::/var/lib/xbmc:/bin/bash
設定ファイル類は「/var/lib/xbmc/.xbmc/」配下になるので、例えば日本語フォントを入替えたければ
# mkdir /var/lib/xbmc/.xbmc/media/Fonts
# cp migmix-1p-regular.ttf /var/lib/xbmc/.xbmc/media/Fonts/arial.ttf
# chown xbmc.xbmc -R /var/lib/xbmc/.xbmc/media/Fonts
のようにすれば良い。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。