So-net無料ブログ作成

Raspberry Pi(OpenELEC、Raspbmc)を家庭用TVからリモコン操作 [Raspberry Pi]

 Raspberry Pi(OpenELEC又はRaspbmc、最近は主に後者)は省電力なメディアプレヤーとして重宝している。家庭用TVと接続した際にはリモコンでの操作が便利だが、Raspberry PiのGPUはCEC(Consumer Electronics Control)をサポートしているので別にリモコンを用意すること無く、家庭用TVリモコンでそのまま操作できる。詳細は「CEC - XBMC」によるが、これは家電メーカが言うところの、「Regza Link」、「VIERA Link」、「BRAVIA Link」..のことらしく、DVDレコーダ等の周辺機器をTVリモコンから一元的に操作することを目的にしているようだ。こういった類の機器は持っていないので実際に操作したことはないが..。
 自身はTOSHIBAのTV(REGZA)とHDMI接続しているが、双方特別な設定は必要ない。Raspberry Pi側の電源ON/OFFでTV側も自動で電源ON/OFF・入力切替の他、XBMCの基本操作も可能であり不自由はない。因みに一般PCでは別にCECアダプターなるものが必要になるようだが、Raspberry Piなら単独で出来てしまう。
nice!(0)  コメント(0) 

Ubuntu 13.04 PT2ドライバのインストール [PT2]

この連休でUbuntu13.04へバージョンを上げたので、PT2ドライバも新たにインストールすることに。
PT1/PT2ドライバはいつもこちらのものを使わせて貰っているが、Ubuntu13.04ではカーネルが3.8.0になっているので別にパッチを当てる必要がある。パッチは「Linux/テレビ関連/PT2」「7.kernel3.8対応」のものをそのまま使用させて貰った。(コピー&ペーストで"driver-for3_8.patch"で保存)
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/b14397800eae.tar.bz2
$ tar xvfj b14397800eae.tar.bz2
$ cd pt1-b14397800eae/driver
$ patch -p0 < ../../driver-for3_8.patch
patching file pt1_pci.c
Hunk #1 succeeded at 45 (offset 4 lines).
Hunk #2 succeeded at 698 (offset 4 lines).
Hunk #3 succeeded at 928 (offset 4 lines).
Hunk #4 succeeded at 999 (offset 4 lines).
$ make
$ sudo make install
カーネルデフォルトのDVB版ドライバを無効にしてからリブートしてインストール完了。
$ sudo vi /etc/modprobe.d/blacklist.conf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
blacklist earth_pt1
$ sudo shutdown -r now
・・・・・(リブート)・・・・・
$ ls /dev/pt1video*
/dev/pt1video0 /dev/pt1video1 /dev/pt1video2 /dev/pt1video3
「recpt1」の方はhttp版パッチを当てて使用している。パッチの適用方法は「recpt1(httpサーバ版)パッチを最新ソースに適用」を参考に。

<追加:コメント欄へ質問を頂いたので>
arib25のコンパイルの方は以下の通りである。
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1.oyama/archive/c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ tar xvfj c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ cd pt1-oyama-c44e16dbb0e2/arib25/src
$ make
$ sudo make install

<改行がなぜか無効となってしまうのでコメント欄は非表示へ変更>

タグ:PT2 recpt1
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。