So-net無料ブログ作成

Ubuntu 11.10(Oneiric) recfsusb2nのコンパイル [KTV-FSUSB2]

USB接続の地デジチュナー「KTV-FSUSB2」は録画サーバ(Ubuntu-10.04-server+fit-PC2i+epgrec+2台)としても運用しており、「周囲からのノイズ対策」(以前の記事参照)をしてからというものPT2録画サーバ(recpt1+epgrec)同様に安定動作しており非常に満足している。あとリーズナブルと言うこともありナガラ視聴用にも所有しており、USB接続なのでPT2には無いお気軽さに重宝している。と言うことで、早速Oneiricでもと「recfsusb2n」を導入しようとしたが、デフォルトでインストールされる「libboost」はバージョンが上がっておりコンパイルが通らなかった。コンパイルには「libboost1.42」の導入と「Makefile」の一部修正が必要であった。
$ sudo apt-get install libboost1.42-all-dev
$ wget http://tri.dw.land.to/fsusb2n/recfsusb2n-0.9.2.tar.gz
$ tar xvfz recfsusb2n-0.9.2.tar.gz
$ cd FSUSB2N/
$ vi Makefile
・・・・・・・・・・・・・・・・・
LIBS = -lpthread -lboost_system -lboost_thread-mt -lboost_filesystem #コメント削除
#LIBS = -lpthread -lboost_thread-mt -lboost_filesystem #コメントアウト
・・・・・・・・・・・・・・・・・
$ make
$ sudo cp recfsusb2n /usr/local/bin/
あとは「videoグループ」へのユーザ追加、「permissions.rules」作成で完了。(本家「recfsusb2n for linux」を参照)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Sandy bridge Ubuntu 11.10(Oneiric)+VAAPI環境 [録画・再生]

Ubuntu 11.10(Oneiric)が13日リリースされたので、早速、Sandy Bridgeな環境にクリーンインストールし、まずはHWアクセラレータ機能(VAAPI)の環境とVAAPI対応のmplayer(DTV関連ツール)を導入してみた。必要なPKG類(libva..)はデフォルトのリポジトリーからでもインストール可能だがNatty同様に正常に動作しなかった。それでNattyでは「tarパッケージ」をコンパイル導入したが、今回は以下のリポジトリーから導入した。
$ sudo add-apt-repository ppa:jools/sandybridge
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libva1 i965-va-driver
$ vainfo
libva: libva version 0.32.0
libva: va_getDriverName() returns 0
libva: Trying to open /usr/lib/dri/i965_drv_video.so
libva: va_openDriver() returns 0
vainfo: VA API version: 0.32
vainfo: Driver version: i965 Driver 0.1
vainfo: Supported profile and entrypoints
     VAProfileMPEG2Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileMPEG2Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Baseline : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264Main : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileH264High : VAEntrypointVLD
     VAProfileH264High : VAEntrypointEncSlice
     VAProfileVC1Simple : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Main : VAEntrypointVLD
     VAProfileVC1Advanced : VAEntrypointVLD
VAAPIを有効にした「XBMC」(導入は前記事参照)で正常動作を確認した。次にVAAPI対応のMplayer(DTV関連ツール)であるが、導入自体は以前の記事のとおりであるが、VAAPI、MULTI2復号化対応を有効化するため事前に以下を実施しておいた。
$ sudo apt-get install build-essential
$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ sudo apt-get install libpcsclite-dev
$ tar xvfj c44e16dbb0e2.tar.bz2
$ cd pt1-c44e16dbb0e2/arib25/
$ make && make install
$ sudo apt-get install libva-dev
あとDTV関連ツールの最新追加パッチも当てるでのあれば以下を実施しておけば良い。
$ wget http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0719.zip
$ unzip up0719.zip
$ cd mplayer-r32954p/
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0011-detect-channel-config-change-on-a-stereo-dmono-switc.patch
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0012-fix-the-problem-of-not-allocated-channel-element-in-.patch
$ patch -p1 < ../mplayer-patches-0.97/0013-decrease-verbosity-of-an-error-message.patch

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。