So-net無料ブログ作成
検索選択

recfsusb2nのコンパイル(cmake) [KTV-FSUSB2]

http://tri.dw.land.to/fsusb2n/」が無くなったので、「sh0 / recfsusb2n・GitHub」からのものをコンパイルしてみた。初めての「cmake」だったが何とか..、「CMakeLists.txt」を一箇所修正が必要であった。因みに環境はUbuntu12.04。(追記:recfsusb2nはここにもありました)
$ sudo apt-get install libboost-thread-dev libboost-filesystem-dev
$ tar xvfz sh0-recfsusb2n-434014e.tar.gz
$ cd sh0-recfsusb2n-434014e
$ ls
CMakeLists.txt README cmake src
$ mkdir build
$ cd build
$ vi ../src/CMakeLists.txt
・・・・・・・・・・
# Libraries
SET(FSUSB_LINK_INT "-lpthread -lboost_system") #追加
SET(FSUSB_LINK_EXT "${BOOST_LDFLAGS}")
・・・・・・・・・・
$ cmake ..
$ make
$ ls src/
CMakeFiles Makefile cmake_install.cmake recfsusb2n
正常であれば、新たに作成された「src」配下に目的の「recfsusb2n」が作成される。
あと、FSUSB2内蔵カードリーダを使わずに外付けカードリーダを使う場合は、
$ vi ../src/CMakeLists.txt
・・・・・・・・・・
# Libraries
SET(FSUSB_LINK_INT "-lpthread -lboost_system -larib25") #追加
SET(FSUSB_LINK_EXT "${BOOST_LDFLAGS}")
# Sources
FILE(GLOB FSUSB_SRC ${FSUSB_SRC_DIR}/*.cpp)
#FILE(GLOB ARIB25_SRC ${ARIB25_SRC_DIR}/*.c) #コメントアウト
・・・・・・・・・・
$ cmake ..
$ make
$ ls src/
CMakeFiles Makefile cmake_install.cmake recfsusb2n
$ ./src/recfsusb2n --b25 27 - - | vlc -
これで内蔵B-CASカードなしで視聴できる筈。
自身、実際には「tssplitter_lite+httpサーバ」パッチを適用したものを使用している。この場合のコンパイルには「cmake」からではなくパッチ同梱の「Makefile」を修正して使用している。
$ ls
recfsusb2n_http_patch2.zip sh0-recfsusb2n-434014e
$ cd sh0-recfsusb2n-434014e/src/
$ unzip ../../recfsusb2n_http_patch2.zip
$ vi Makefile
・・・・・・・・・・・・・・・・・
#B25_OBJS_EXT = $(B25_PATH)/arib_std_b25.o .... #コメントアウト
・・・・・・・・・・
LIBS = -lpthread -lboost_system ..... -larib25 #コメントアウトを外し追記
#LIBS = -lpthread -lboost_thread-mt -lboost_filesystem #コメントアウ
・・・・・・・・・・・・・・・・・
$ make
$ ./refsusb2n --b25 --sid hd --http 8888
$ vlc http://localhost:8888/27
FSUSB2内蔵カードリーダを使用する場合は「B25_OBJS_EXT」のコメントアウトを外し、「-larib25」を削除。「recfsusb(http版)」+「vlc」リアル視聴については前記事を参照、vlc側からチャンネル切替ができるのでかなり幸せに..。

nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。