So-net無料ブログ作成
検索選択

OpenELECでリアル視聴 [録画・再生]

 無事recpt1(http版)を導入できたので、もうひとつの目的であったOpenELECマシンにリアル視聴環境を構築してみた。前準備として録画サーバ側でrecpt1をhttpサーバとして起動しておく。
$ recpt1 --b25 --strip --sid hd --http 8888
$ cat .mplayer/config
vo=vaapi
va=vaapi
cache=8192
$ mplayer http://localhost:8888/101 # 「101」はチャネル番号
これでBS1が再生できればhttpデーモンが正常動作している。次にOpenELEC用のチャネルリストファイルを作成、ここで「192.168.1.x」は録画サーバのIPアドレス
$ vi 地上デジタル.m3u
#EXTM3U
#EXTINF:0,NHK総合
http://192.168.1.x:8888/27
#EXTINF:0,NHK教育
http://192.168.1.x:8888/26
#EXTINF:0,日本テレビ
http://192.168.1.x:8888/25
・・・・・・・・・・
$ vi BSデジタル.m3u
#EXTM3U
#EXTINF:0,BS1
http://192.168.1.x:8888/101
#EXTINF:0,BSプレミアム
http://192.168.1.x:8888/103
#EXTINF:0,BS日テレ
http://192.168.1.x:8888/141
・・・・・・・・・・
この2ファイルをOpenELECマシン(IP:192.168.1.xx)の所定フォルダにコピーしておく。
$ scp *.m3u root@192.168.1.xx:.xbmc/userdata/playlists/video/
root@192.168.1.xx's password:(openelec)
次にOpenELECマシンのメニューから順に以下を実行。
ビデオ」>「ファイル」>「Add Videos ..」>「参照」>「ビデオプレイリスト」>「OK」>「OK」
これで「ビデオ」→「ファイル」に「プレイリスト」フォルダが追加され、開くと先にコピーしてあった2ファイル(.m3u)が確認できる。リアル視聴は、このファイルを開き一覧から見たい局を選択することで可能に。
 新規にハード、デバイスドライバの追加が困難なOpenELECでリアル視聴が可能となり、「Media Center」としての用途の幅が広がり満足している。
 ただ少し難点が。ファイル(.m3u)選択の都度、リスト上の全局をスキャンしているので少し待たされることに、プレイヤー終了時も同様である。従って通常環境におけるXbmcでのリアル視聴は、代替方法がいくらでもあるので敢えてやることは無いのではと...。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。